大豆(全粒・中国産・黄・乾)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

全粒・中国産・黄大豆・乾

「 全粒・中国産・黄大豆・乾」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、21.1%含有し、422kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(164%:41μg)、次は(126.25%:1.01mg)、そして、n-3系脂肪酸(122.5%:1.96g)、n-6系脂肪酸(114%:9.12g)、葉酸(108.33%:260μg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

大豆


大豆(だいず)は、マメ科一年草の植物を指し、種子が食されます。大豆はほかの植物に比較するとタンパク質を多く含みます。しかしその種子にはトリプシン・インヒビターやレクチンなどが含有されています。これらの物質は消化を阻害することが知られており、これを含有する食物を摂取することで消化不良から下痢や嘔吐などを招くことがあります。これを防ぐためには加熱し、変性もしくは失活させます。こうすることで消化吸収を促します。また、プロテアーゼ・インヒビターは加熱による変性が不足するため、納豆菌などに存在するプロテアーゼを利用して種子に含まれるタンパク質と同時にトリプシン・インヒビターを分解させることでトリプシンが正常化し、その消化吸収が促されます。
全粒・中国産・黄大豆・乾