豆腐よう

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

豆腐よう

「 豆腐よう 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(180%)、次はマンガン(48.57%)、そして、n-6系脂肪酸(48%)、n-3系脂肪酸(34.38%)、クロム(30%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

豆腐よう


豆腐ようは、島豆腐を米麹や紅麹、泡盛を用いて発酵熟成させた醗酵食品となります。沖縄において豆腐を用いた郷土料理のことを言います。豆腐の味は熟成度に依存しており、熟成度が高いほど豆腐の味は失います。長い時間をかけて発酵させるため、つけ汁の養分からは様々な酵素が生成され、この酵素によって特有の風味を作ると言われています。また、熟成されるほど豆腐の味は無くなります。かつては高貴な人々によって病後の滋養食として用いられていました。タンパク質を多く含有し、胃壁を保護したり、コレステロールの合成阻害作用などがあると言われています。
豆腐よう