豆腐竹輪(蒸し)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

豆腐竹輪・蒸し

「 豆腐竹輪・蒸し 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(172%)、次はセレン(56%)、そして、ヨウ素(48.46%)、クロム(40%)、蛋白質(29.8%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

豆腐竹輪


豆腐竹輪(とうふちくわ)は、木綿豆腐と魚肉のすり身を混合し、それを蒸しあげて製造するチクワを言います。鳥取県の郷土料理であり、現在トマトやチーズ味、カレー味、レモン味など多彩に風味付けされた製品が見られます。もともと魚の代用として豆腐を食べるように推奨したのが鳥取県で普及した要因とされており、推奨したのは鳥取藩主の池田光仲という人物だそうです。藩主になった当初、漁港の整備が滞っていたため、魚の収穫量が少なかったとされます。しかし大豆の生産はそれに反して収穫量が多く、このことが池田光仲が豆腐竹輪を推奨した理由だったと言われています。
豆腐竹輪・蒸し