豆腐竹輪(焼き)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

豆腐竹輪・焼き

「 豆腐竹輪・焼き 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンB12(33.33%)、次はナトリウム(32.67%)、そして、蛋白質(32.2%)、マグネシウム(25.17%)、n-6系脂肪酸(25.13%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

豆腐竹輪


豆腐竹輪(とうふちくわ)は、鳥取県の郷土料理で木綿豆腐と魚肉のすり身を用いて蒸しあげた食品です。カロリーが低い一方でタンパク質を多く含む健康的な食品として人気を寄せています。様々な味付けをされた製品の他、豆腐竹輪を使ったシュウマイと呼ばれるものも見られます。鳥取県では江戸時代から営んでいる豆腐竹輪の製造業者も存在しています。もともと鳥取城の城下町では豆腐店が沢山並んでいたと伝えられており、当時は漁港の開発が遅れていたことから魚は貴重な食材だったようです。そこで魚の代わりに豆腐竹輪を推奨したのが始まりだと言われています。
豆腐竹輪・焼き