麦芽コーヒー(豆乳飲料)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

豆乳飲料・麦芽コーヒー

「 豆乳飲料・麦芽コーヒー 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、n-6系脂肪酸(13.5%)、次は銅(8.75%)、そして、n-3系脂肪酸(6.88%)、葉酸(6.25%)、カリウム(5.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

麦芽コーヒー


麦芽コーヒーは麦芽飲料の一つで、調整豆乳に麦芽や甘味料、コーヒーなどを加えた飲料を言います。麦芽は麦や大麦の種子を発芽させたもので、ビールや水あめなどの原料になります。大麦の種子内にはアミラーゼと呼ばれる不活性型の糖化酵素が含有されており、この酵素は発芽と共に活性化され、デンプン質の糖化から麦芽糖が発生します。大麦を発芽させることで簡単に麦芽糖を生成することが可能であるため、昔からアルコール類の醸造や水あめなどを造る際に利用されてきた経緯があります。麦芽珈琲はこうして作られた麦芽と調整豆乳などを使って、コーヒー牛乳風に加工したもので、多くのメーカーから商品化されています。
豆乳飲料・麦芽コーヒー