(粒状)大豆たんぱく

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

粒状大豆たんぱく

「 粒状大豆たんぱく 」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、18%含有し、360kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、(176.25%:1.41mg)、次は葉酸(154.17%:370μg)、そして、カリウム(120%:2400mg)、マグネシウム(100%:290mg)、食物繊維(98.89%:17.8g)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

大豆たんぱく


粒状大豆たんぱくは、脱脂大豆などに手を加えてタンパク質の比率を高めたものを指します。また、分離した大豆たんぱく質を粒状に加工したものであり、様々な加工食品の原料として用いられています。形状により分類されていて、植物性のものや粉末状タイプ、粒状のものなど様々です。粉末状のものやペースト状のものは乳化や結着の作用を用いるものです。これに対し、粒状や繊維状のものはビーフやポーク、チキンといった肉のような食感に仕上げた組織状の大豆蛋白となります。保水性や保油性に優れ、ハンバーグなどの加工食品の特性を維持しながら、品質の向上を図れます。
粒状大豆たんぱく