赤えんどう(全粒・乾)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

全粒・赤えんどう・乾

「 全粒・赤えんどう・乾 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(1120%)、次は食物繊維(96.67%)、そして、ビタミンB1(65.45%)、銅(61.25%)、亜鉛(51.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

赤えんどう


豌豆(エンドウ)はマメ科エンドウ属の一・二年草を言います。鞘の硬さによって硬莢種と軟莢種に分類され、赤豌豆(あかえんどう)は、鞘の硬い硬莢種の一種であり、この子実を乾燥させたものを言います。また完熟によって乾燥した豆を収穫します。外観は皺が目立っており、水で戻すと膨張して丸くなります。豆の中でも収穫が早いタイプで、日本では北海道において生産されています。多くはみつ豆や豆大福、ゆで豆などに使われています。一方、同じ硬莢種でも青豌豆というものもあり、こちらは煎り豆や餡、煮豆などに加工して用いられています。いずれも古くから乾燥種実として利用されてきました。
全粒・赤えんどう・乾