おから(乾燥)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

おから・乾燥

「 おから・乾燥 」において100g中のカロリーを食事摂取基準設定30歳から49歳の女性で評価した場合、21%含有し、421kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(680%:170μg)、次は食物繊維(242%:44g)、そして、銅(66%:0.53mg)、カリウム(65%:1300mg)、マグネシウム(52%:150mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

おから


オカラは、豆乳を絞った時に生じる搾りかすを言います。廃物であることから安価になっていますが、現在では供給のほうが多いため、ほとんどが廃棄になっているようです。保存性が悪く品質劣化が著しいことも原因ですが、一部は飼料として使われたり、保存性を高めて再利用されているケースもあります。おからそのものは栄養価に優れ、食物繊維も多く含まれています。また、おからにはホスファチジルコリンというものが含まれており、これはコリンの前駆物質です。コリンは、アセチルコリンを生成するのに必要な物質で、アセチルコリンは記憶に関わる脳内物質として指摘されています。動物実験では、ホスファチジルコリンを与えたことによって記憶力の向上が認められたという報告例があります。
おから・乾燥