つるあずき(全粒・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

つるあずき・全粒・ゆで

「 つるあずき・全粒・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(74.44%)、次は銅(37.5%)、そして、鉄(31.43%)、マグネシウム(26.55%)、カルシウム(20%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

つるあずき


ツルアズキは、マメ科ササゲ属に分類される植物です。また植物分類学状ではつるアズキが正式名称となっており、竹小豆(たけあずき)との別称は、流通名です。トウモロコシやモロコシなどと同時に栽培されることも多いですが、これは窒素固定を施すためです。マメ科植物は根粒を有し、根粒菌との共生によって育ちます。根粒菌は窒素化合物を作り出し、土壌を肥やす作用があると言われています。マメ科植物にやせた土地でもよく育つものが見られるのは、こういった仕組みにより、根で窒素肥料を生成しているところに起因しています。多くのマメ科植物はこの共生のシステムを有しています。
つるあずき・全粒・ゆで
別名:たけあずき