レンズまめ(全粒・ゆで)

lentils-boiled-1
  • lentils-boiled-1
  • lentils-boiled-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

レンズまめ・全粒・ゆで

「 レンズまめ・全粒・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、銅(55%)、次は食物繊維(52.22%)、そして、鉄(40.95%)、亜鉛(31.25%)、リン(23.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

レンズまめ


レンズ豆は和名で扁豆(ヒラマメ)とも呼ばれるマメ科ヒラマメ属の一年草の植物もしくはその種子を指します。原産地は西アジアと考えられており、大麦や小麦をはじめ、空豆や豌豆と共にほぼ時同じくして栽培化が行われたと推測されています。草丈は成長すると40センチほどに伸長し、豆果の内部に小さな種が二つ作られます。種は円形乃至扁平で数ミリ程度の大きさです。フランス料理やイタリア料理、インド料理などで利用される食材であり、カレーやスープ、その他の煮込み料理などで食材の一つとして用いられます。名称は光学分野のレンズの形状に由来しています。
レンズまめ・全粒・ゆで
別名:ひらまめ