(五斗)納豆

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

五斗納豆

「 五斗納豆 」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、11.35%含有し、227kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンK(393.33%:590μg)、次はモリブデン(300%:75μg)、そして、ナトリウム(83.45%:2300mg)、パントテン酸(72.5%:2.9mg)、葉酸(45.83%:110μg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

納豆


特徴として、粘着性と塩味が非常に強くなっているという点があります。挽き割り納豆(ひきわりなっとう)に対して、その半分の麹(こうじ)と適切とされる塩を混入させ、数ヶ月熟成発酵させたものとなります。麹と塩を入れる前に大豆の表皮を除去します。大豆一石に塩と五斗の麹を使用することから、五斗納豆(ごとなっとう)と呼ばれるようになったと言われています。また、樽(たる)に五斗入るものが使われたことに由来するという説も存在しています。五斗納豆は、山形県米沢周辺の伝統料理となっています。その他、「とぞ」と呼ばれる秋田県産のものや「とうぞう」と呼ばれる茨城県或いは千葉県の納豆は、五斗納豆に、納豆製造過程に発生する豆の煮汁を添加した熟成品となります。また、「納豆ひしほ」と呼ばれる埼玉県産の納豆は、五斗納豆とほとんど同種の製品となります。尚、ナットウは現在、塩を加えて発酵させる塩辛納豆或いは塩納豆と呼ばれるものと、塩を加えないで発酵させる糸挽き納豆(いとひきなっとう)の二つが存在しています。一般に納豆と言えば、このうち糸挽き納豆を指す場合が多いと言われています。
五斗納豆
別名:こうじ納豆