(挽き割り)納豆

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

挽きわり納豆

「 挽きわり納豆」に関して1パック約50g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、4.85%含有し、97kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1パック約50g中の栄養素は、ビタミンK(310%:465μg)、次はパントテン酸(53.5%:2.14mg)、そして、n-6系脂肪酸(31.13%:2.49g)、(26.88%:0.215mg)、葉酸(22.92%:55μg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

納豆


種類としては糸引き納豆(いとひきなっとう)の一つとなります。かつては、普通の粒納豆をひき割って、それを納豆汁にするケースが多かったと言われています。現在は、直接粒をご飯に乗せて食べられているのが一般的です。ただ、かつて納豆汁に用いられていたケースのように、粒納豆をひき割った納豆が存在していたため、昔は、粒納豆をひき割ったものがひき割り納豆となっていました。今日では、その生産されるひき割り納豆は、種皮を除去し、前もってある程度の大きさに粉砕してから製造されています。現在のひき割り納豆は、こういった工業的に製造された製品のことをひき割り納豆と言います。ただ、表面積が大きくされてしまうことから、その発酵速度や分解速度が速く、通常の納豆よりも早く賞味期限切れになると言われています。尚、ナットウ類は、大豆の発酵食品となります。納豆自体は、かつて寺の台所である納所(なつしょ)で作られていたものであり、名称もこれに由来するものとなっています。現在の納豆は大別すると糸引き納豆と寺納豆(てらなっとう)に分けられます。糸引き納豆は、粘着性のある糸を引く納豆のことを指していて、寺納豆はその糸を引かない納豆になります。
挽きわり納豆