グリンピース(揚げ豆)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

グリンピース(揚げ豆)

「 グリンピース(揚げ豆) 」100g中のカロリーは423kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、21.15%です。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★★☆☆☆☆☆☆☆24%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位食物繊維108.89%19.6g目標量18g+1.6g
2位77.5%0.62mg推奨量0.8mg-0.18mg
3位リン56.25%450mg目安量800mg-350mg
4位51.43%5.4mg推奨月経有10.5mg-5.1mg
5位n-3系脂肪酸47.5%0.76g目標量1.6g-0.84g
更に分析 >>食事摂取基準

グリンピース


品種では、若い種子を食用にするものと若莢(さやえんどう)を食用にするものに分類されています。エンドウの発祥地と起源についてはハッキリしておらず、野生種のエンドウは未だ発見されていないと言われています。日本へ伝わったのは江戸時代中期と言われ、この当時はまだ品種の分類がされていなかったようです。エンドウの栽培が始まったのは12世紀前後のヨーロッパとされ、日本では明治時代に、種穀用、さや用、青実用といったものに分類されるようになりました。青実用はグリンピースやシュガーピースと言われるもので、米国のウスイで知られるものです。さや用は、絹さや品種の広島赤花、三十日絹さやと、大さや品種の米国大さややオランダ大さや、仏国大さやがあります。グリンピースとサヤエンドウの成分を比較すると、ビタミンやミネラルにおいてややグリンピースの方が多いとされます。このグリンピースはタンパク質であるリジンや糖質であるデンプンとショ糖を含んでいます。マメ科の一年生、二年生草本で原産地は中近東、中央アジアとなり、栽培種も中国や地中海地方といった地域で、様々に枝分かれして現在に至ります。
グリンピース(揚げ豆)