(木綿)豆腐

  • momen-tohu-100kcal
  • momen-tohu-100g
  • momen-tohu-one
  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

木綿豆腐

「 木綿豆腐 」1丁約350g中のカロリーは252kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、12.6%です。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆14%
1丁約350g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位モリブデン574%143.5μg推奨量25μg+118.5μg
2位マグネシウム156.9%455mg推奨量290mg+165mg
3位n-6系脂肪酸85.31%6.825g目標量8g-1.175g
4位クロム70%7μg目標量10μg-3μg
5位65.63%0.525mg推奨量0.8mg-0.275mg
更に分析 >>食事摂取基準

豆腐


大豆を食用にするにあたって、そのままでは固くて食べれません。そこで編み出された加工法の一つが豆腐(とうふ)となります。大豆を柔らかくするため、水に浸して、更にすり潰しながら水を加えた呉(ご)を搾って豆乳を作ります。この豆乳を凝固させると豆腐(トウフ)になり、この豆腐を油で揚げると油揚げになります。また、豆腐を凍らせてから乾燥させると高野豆腐(凍り豆腐)が生成されます。日本へ豆腐が伝わったのは700年代に入ってからと言われていますが、ハッキリとした記録は1183年代に記載されたとされる奈良春日大社の御供物である唐符が最初となります。また、江戸時代に入ると283種類の食用の仕方が、豆腐百珍に記されています。含まれる成分では、タンパク質と脂質があり、豆腐全体の90%近くは水分となります。豆腐の種類には、絹ごし豆腐、充填豆腐、木綿豆腐(もめんどうふ)などがあり、これらは豆腐の製造工程でできる豆乳の濃度や凝固の仕方、或いは使用される凝固剤の種類の違いによるものです。尚、凝固剤としてはマグネシウム塩、カルシウム塩、グルコノデルタラクトンといったものがあります。そして、加工食品に於いては油揚げ、がんもどき、高野豆腐、焼き豆腐、生揚げといったものがあり、豆腐製造工程の副産物では、おから、豆乳、湯葉などがあります。
木綿豆腐