ビール(淡色)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ビール・淡色

「 ビール・淡色 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナイアシン(6.67%)、次はビタミンB6(4.17%)、そして、ビタミンB12(4.17%)、葉酸(2.92%)、マグネシウム(2.41%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ビール


ビールはビール酵母で麦芽をアルコール発酵させて製造したものを言います。アルコール飲料の仲間であり、麦芽は大麦を発芽させたものが大半です。発祥は紀元前のメソポタミア文明の頃と言われており、当時は大麦やエンメル麦から作られていたそうです。日本でのビールはかつて高価なものとして取り扱いされていた時期が長く続きました。しかし高度経済成長の時期には大衆化が進み、一般家庭でも手軽に飲めるアルコールとして普及して行きました。冷やしてジョッキなどに注いで直接飲まれ、夏季には一気に消費量が上昇します。
ビール・淡色