小麦(玄穀・輸入・硬質)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こむぎ・玄穀・輸入・硬質

「 こむぎ・玄穀・輸入・硬質 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(216%)、次はモリブデン(188%)、そして、マンガン(116.86%)、食物繊維(63.33%)、銅(53.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

小麦


小麦は、イネ科コムギ属分類される元来越年生の植物です。原産地は中央アジアからイラクにかけての範囲と言われており、初期は1粒系コムギでその後の交雑で2粒コムギに進化し、更に野生種との交雑から普通小麦が誕生したと推測されています。普通小麦はメソポタミアで栽培化され、その後ヨーロッパやアフリカなどに伝播したものと考えられています。栽培化され出したのは大麦のほうがやや早く、古代では大麦のほうが収穫しやすく重要とされていたようです。これは当時の料理というものが粥状にして煮て食べるという単純なものだったためで、調理法はあまり問われなかったことによるものです。その後の精粉技術によってグルテンを用いた様々な加工品が作られ、大麦に代わって小麦のほうが重要な作物へと変化していったと言われています。尚、硬質とは粒の硬さを表現したものです。軟質や中間質も同様です。
こむぎ・玄穀・輸入・硬質