小麦粉(中力粉・2等)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

小麦粉・中力粉・2等

「 小麦粉・中力粉・2等 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(40%)、次はセレン(28%)、そして、マンガン(22%)、ビタミンB1(20%)、クロム(20%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

小麦粉


中力粉(ちゅうりきこ)は、タンパク質の比率が強力粉より少なく、薄力粉より多くなっています。また、粒の大きさも前者より小さく、後者より大きいものを言います。極論すれば強力粉と薄力粉を50%ずつ混ぜ合わせれば、中力粉が出来るということになります。料理ではうどんに使われるのが代表例ですが、お好み焼きやたこ焼き、ピザなどの料理にも用いられています。等級は二等粉だと、ミネラル分であるカルシウムやカリウムなどの無機質が多く含まれており、若干色合いが悪くなります。これに対し一等粉だと色調に優れ、上級紛ということになります。
小麦粉・中力粉・2等