カップ焼きそば(油揚げ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

カップ焼きそば・油揚げ

「 カップ焼きそば・油揚げ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンB2(60%)、次はナトリウム(54.45%)、そして、ビタミンB1(50.91%)、ビタミンE(36.67%)、n-6系脂肪酸(33.13%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

カップ焼きそば


カップ焼きそばは、カップ麺の一種であり、焼きそばを模倣したものを言います。一般のカップ麺と同じように熱湯を注ぐ段階まで同じで、その後にお湯を捨て、ソースもしくは調味料をかけ、かき混ぜるという作業で出来上がります。袋麺のインスタント焼きそばはフライパンなどを用いて加熱するという工程を必要としますが、カップ麺ではそれが省略され、より即席性を持ちます。カロリーは、他のカップラーメンなどに比較すると高くなっており、大抵500kcalを超えています。これはカップ焼きそばのほうが麺の使用量が多いためです。その理由として他のカップ麺がスープや具と一緒に食べて満たされるのに対してカップ焼きそばでは麺とソースのみになり、満たされにくい傾向にあるためです。
カップ焼きそば・油揚げ
別名:中華スタイル即席カップめん