カップうどん・油揚げ

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

カップうどん・油揚げ

「 カップうどん・油揚げ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(98%)、次はビタミンE(36.67%)、そして、リン(28.75%)、カルシウム(27.69%)、n-6系脂肪酸(27%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

カップうどん・油揚げ


カップうどんは、内容物がうどんのカップ麺を言います。カップは食器として利用できる容器を使っており、耐水耐熱性になっています。この中に乾燥させたうどんや生タイプのうどんを入れ、カヤクなどの具材を加えて製品化したものを言います。容器は発泡スチロースが多くなっていますが、これは保温性を高めると同時に、素手で持っても熱く感じないように考慮されているためです。また、紙を用いた容器も存在しますが、こちらは空洞を設けるなど段ボールのような構造にして工夫されています。中に入れらる麺は、乾燥麺だとそのまま容器に入れられていますが、生タイプだと真空パック包装した麺が容器の中に入れています。
カップうどん・油揚げ
別名:和風スタイル即席カップめん