はいが精米(水稲めし・こめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・水稲めし・はいが精米

「 こめ・水稲めし・はいが精米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(112%)、次はマンガン(19.43%)、そして、銅(12.5%)、パントテン酸(11%)、クロム(10%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

はいが精米


胚芽精米(はいがせいまい)は、玄米から糠部である外皮だけを除去し、そのうち胚芽を80%以上残した精米を言います。水稲は水田で作られたイネを指し、水稲飯は水田で栽培されたイネを用いて普通に炊いたご飯ということになります。胚芽精米の外観は白米と同じく白く生成されています。しかし胚芽だけが残っているという特殊なコメの一種となります。一般の家庭用精米機では品位基準を満たすのは難しいようで、それ専用の機能がついている機種でも基準を満たすことを保証するものではないとされます。胚芽精米と表示するには上記の基準を満たさなければなりません。胚芽精米は外皮が取り除かれているため、玄米より食感が柔らかくなっており、成分の消化吸収にも優れます。
こめ・水稲めし・はいが精米