精白米(水稲全かゆ・こめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・水稲全かゆ・精白米

「 こめ・水稲全かゆ・精白米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(52%)、次は銅(5%)、そして、マンガン(4.29%)、亜鉛(3.75%)、カロリー(3.55%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

精白米


精白米(せいはくまい)は、玄米を精米して米糠と胚芽を取り除いた米を言います。胚乳で構成されていることから栄養バランスに優れず、他の食物も必要となります。日本では広く主食として利用されている米を指します。あっさりとした味のため、様々な料理と相性がよく、一般に流通している炊飯器はこの精白米を対象にしています。また、水稲(スイトウ)は水田で作られたイネのことで、水稲全粥は、水稲で作られたイネを用いた粥となります。全粥は白米一に対して水を五倍用いて炊いた粥のことを言います。粥は米と水の比率によって三分粥、七分粥などと分類されています。
こめ・水稲全かゆ・精白米