半つき米(水稲五分かゆ・こめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・水稲五分かゆ・半つき米

「 こめ・水稲五分かゆ・半つき米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、マンガン(3.71%)、次は亜鉛(2.5%)、そして、銅(2.5%)、ナイアシン(2.5%)、ビタミンB1(1.82%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

半つき米


半つき米は、糠を除去したその度合いを示す言葉で、精米の程度から分類されています。また、数値が大きいほど白米に近づき、数値が低いほど玄米に近い米となります。水稲(スイトウ)は水田で作られた稲を指し、陸稲の畑で栽培される言葉に対する用語です。こちらの生産量は水稲に比べるとほとんどありません。五分粥は、白米を一として、10倍の水を用いて炊いた粥を言います。行事では七草粥(しちぐさがゆ)などがあり、これは米の粥にセリやスズナ、スズシロ、ナズナ、ゴギョウ、コオニタビラコ、ハコベラといった七種類の野草を混ぜ入れたものを言います。
こめ・水稲五分かゆ・半つき米