こめ・陸稲穀粒(精白米)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

こめ・陸稲穀粒・精白米

「 こめ・陸稲穀粒・精白米」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、(27.5%:0.22mg)、次は蛋白質(18.6%:9.3g)、そして、カロリー(17.85%:357kcal【旧2010年版では100g:355kcal】)、亜鉛(17.5%:1.4mg)、マンガン(16.86%:0.59mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

こめ・陸稲穀粒


精白米(セイハクマイ)とは、玄米から糠層と胚芽を削り取って精白したコメのことを言います。穀粒(コクツブ)は、米粒のことです。陸稲(りくとうは)は野稲(のいね)とも呼ばれ、畑で生産されるイネを言います。水稲に比べて苗の育成や田植えなどの煩わしさが省略され、移植栽培はありません。種籾を直播するだけであり、ある種の作物と共に作付けすれば、害虫の被害を防ぐことが知られています。また、種類によっては縞葉枯病などに耐性を有するものも見られます。デメリットとしては水稲に比べると食味に劣り、連作障害が起こりやすく、同じ場所で連続して栽培するには支障があります。また、雑草が発生しやすいため、除草の手間がかかります。
こめ・陸稲穀粒・精白米