玄米(陸稲めし・こめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・陸稲めし・玄米

「 こめ・陸稲めし・玄米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナイアシン(24.17%)、次はマンガン(22%)、そして、ビタミンB6(17.5%)、マグネシウム(16.9%)、リン(16.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

玄米


玄米(げんまい)は、稲の外皮である籾殻を取り除いた米を言います。陸稲(りくとう)は畑で作られた米を指し、陸稲めしは、陸稲の米を普通に炊いたご飯のことを言います。二十世紀後半に全粒穀物が健康によい影響を与えるというエビデンスが確立されてきたことにより、世界的に健康維持の目的で精白していない玄米を含む全粒穀物が薦められるようになりました。玄米は圧力釜で炊くと、粘りが引き出され、食感が改善されます。圧力釜が登場する以前は、一晩吸水させてから一般の炊飯器で炊くというものでしたが、圧力釜に比較すると硬くて食感も悪くなります。
こめ・陸稲めし・玄米