コーンミール(黄色種)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

コーンミール・黄色種

「 コーンミール・黄色種 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(44.44%)、次はビタミンB6(35.83%)、そして、マグネシウム(34.14%)、銅(20%)、ビタミンE(18.33%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

コーンミール


コーンミールは、トウモロコシを乾燥させて挽いた粉状の食品を言います。日本では一般に、コーングリッツより細かく、コーンフラワーより粗いコーングリッツをまとめてコーンミールと呼ぶ傾向にあります。ミールとはトウモロコシをはじめ、豆や麦などをひき割ったもので、粗い粉状のもので、いわゆる粗びき粉のことを言います。コーンミールはトウモロコシを粉砕し、これを粗びき状にしたもので、小麦粉に混ぜるなどしてパンなどとして焼いたり、あるいは菓子や粥などの原料としても使われます。良く知られるものではイングリッシュマフィンがあり、この表面にまぶしたものが、コーンミールにあたります。
コーンミール・黄色種
別名:とうきび