もち米(水稲穀粒・精白米・こめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・水稲穀粒・精白米・もち米

「 こめ・水稲穀粒・精白米・もち米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、クロム(160%)、次はモリブデン(156%)、そして、マンガン(37.14%)、銅(27.5%)、亜鉛(18.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

もち米


糯米(もちごめ)は、糯性を有する米の品種群を言い、糯性はアミロースをほとんど含有しない若しくは完全に含まない作物を意味します。精白米(セイハクマイ)は、玄米の糠層を削り取った米のことを言います。水稲(すいとう)は、水田で栽培された稲を意味し、穀粒(こくつぶ)は、米粒のことを言います。うるち米はその主体となる胚乳が半透明状になっていますが、もち米の胚乳は白っぽくなっています。糯性の品種群に含まれるデンプンは、アミロペクチンでほぼ形成されており、これが粘りを生みます。このため、調理する際に粘性を強く示します。
こめ・水稲穀粒・精白米・もち米