インディカ米(水稲穀粒・精白米・こめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・水稲穀粒・精白米・インディカ米

「 こめ・水稲穀粒・精白米・インディカ米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、マンガン(26.29%)、次は銅(26.25%)、そして、亜鉛(18.75%)、カロリー(18.45%)、パントテン酸(17.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

インディカ米


インディカ米は、細長い米粒で、アミロース含有量が少なく粘性に乏しいものが多くなっています。日本ではあまり見かけませんが、これは主食として利用されることが少ないためです。輸入されているインディカ米は、味噌や煎餅など加工用の原料としてがほとんどです。特有の臭気を持ち、粘りが少ないことから生産地においてもインディカ米を単独で食べられることはほぼ無いようです。尚、精白米は玄米の糠を取り除いた米のことで、白米とも言います。水稲(すいとう)は畑ではなく、水田で栽培された稲のことを指し、陸稲(りくとう)に対する言葉です。穀粒(コクツブ)は、米粒のことを意味します。
こめ・水稲穀粒・精白米・インディカ米