うずら卵(水煮缶詰)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

うずら卵・水煮缶詰

「 うずら卵・水煮缶詰 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(168%)、次はビタミンB12(137.5%)、そして、ビタミンA(68.57%)、ヨウ素(56.15%)、ビタミンD(47.27%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

うずら卵


鶉卵(うずらたまご)とは鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類の卵を言います。ウズラは草原や農耕地に見られ、昆虫や種子などを食べて生息しています。雑食であり、繁殖は卵によって行われます。卵の表層には褐色のまだら模様を呈します。この模様は卵を作り出す器官の影響を受けるもので個体差があります。従って固体ごとに同じような模様が形成されるため、一羽のメスの鶉が生んだ卵に見られる模様は似たようなものになります。またこの模様は外敵から卵を守るためのものとも言われており、周囲の風景に溶け込むような模様になっているようです。しかし確率は低いものの白い卵を産む場合もあり、こういったケースではカモフラージュにはなりません。
うずら卵・水煮缶詰