加糖全卵(鶏卵)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

鶏卵・加糖全卵

「 鶏卵・加糖全卵 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、パントテン酸(33.25%)、次はビタミンB2(31.67%)、そして、葉酸(25.42%)、ビタミンB12(25%)、リン(20%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

加糖全卵


鶏卵(けいらん)とはニワトリの卵のことを意味します。日本で市販されている卵は一個に対するそのも重さによってランクがつけられています。基本的に卵のサイズが大きくなるほど卵黄の割合も増える傾向にありますが、サイズが大きくても黄身の量はあまり変わらないとする指摘もされています。しかし実際には白身と黄身の大きさに相互関係があるとする検証結果が出ているようです。サイズは、「LL」「L」「M」「MS」「S」「SS」と分類されていますが、このような規格に関係なくパック詰めしたものも多く流通しています。この場合、手間もかからないため安価になる傾向にあります。
鶏卵・加糖全卵