鯵/アジ(開き干し・焼き)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ま鯵/アジ・開き干し・焼き

「 ま鯵/アジ・開き干し・焼き」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、11%含有し、220kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(354.17%:8.5μg)、次はn-3系脂肪酸(138.13%:2.21g)、そして、ナイアシン(78.33%:9.4mg)、蛋白質(49.2%:24.6g)、ビタミンD(47.27%:2.6μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

アジ


アジは、鯵科に分類される魚の総称です。マ鯵は日本近海において二型があり、クロ鯵とキアジが知られています。開き干しに使われるのはこのマあじの他、マルあじやムロあじなども利用されます。乾燥度の強い堅干しはあまり作られておらず、多くは薄塩で処理した水分を多く含有する生干しのものです。また、用いられる原料も日本で漁獲されるものの他、中国や欧州、ニュージーランドなどから輸入されたものなども多くなっています。輸入される場合、冷凍ものとなります。古くなったあじの開き干しは、脂質酸化から内側の照りを喪失します。また、本来銀灰色を呈する腹部も、茶褐色がかってきます。
まあじ・開き干し・焼き
別名:あじ廃棄部位:頭部、骨、ひれ等