ムロアジ(開き干し)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ムロアジ・開き干し

「 ムロアジ・開き干し」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、7.75%含有し、155kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(391.67%:9.4μg)、次はナイアシン(148.33%:17.8mg)、そして、ビタミンD(127.27%:7μg)、n-3系脂肪酸(81.88%:1.31g)、ビタミンB6(49.17%:0.59mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

ムロアジ


室鯵は、アジ科に属する魚の一種で、体側に黄色っぽい縦帯と稜鱗が見られます。肉食であるため、小魚や甲殻類などを餌とします。鮮度に優れるものは刺身や塩焼きといった調理がされますが、干し物などに加工されることが多いようです。開き干しは、ムロアジだけでなく、マルアジやマアジなども利用されます。魚体の内臓を取り除き、腹開きにします。そして洗浄後血抜き処理してから、食塩水に浸します。その後人工乾燥を行い、すぐに冷凍庫で保管して仕上げます。保存に関しては夏場だと一日か二日ほどとなります。冬場でも二、三日で、一般の冷蔵保存で、およそ七日程度です。