穴子/アナゴ(蒸し)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

穴子/アナゴ・蒸し

「 穴子/アナゴ・蒸し」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.7%含有し、194kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンA(127.14%:890μg)、次はn-3系脂肪酸(105.63%:1.69g)、そして、ビタミンB12(104.17%:2.5μg)、ビタミンE(48.33%:2.9mg)、ナイアシン(47.5%:5.7mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆18%
更に分析 >>

アナゴ


アナゴは、穴子科に分類される魚の総称を言います。マ穴子やゴテン穴子などがあります。外観はウナギに似ており、レプトケパルスと呼ばれる幼生期があります。これは魚類に見られる幼生で、細長くて平たく、透明な外観となります。アナゴだけでなく、ウナギや葉もなどウナギ目の魚類のものがよく知られています。日本で食用にされるあなごは一般にマあなごと呼ばれているタイプです。浅い海の砂泥底に生息しています。関西では昔から親しまれており、かば焼きのほか、寿司種や煮物、天ぷらなどで利用されています。また、直火焼きして調味されることが多くなっていますが、これは多量の脂肪分を含むためで、その臭みを消す目的で行われます。