鮎/アユ(天然・焼き)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

鮎/アユ・天然・焼き

「 鮎/アユ・天然・焼き」に関して1尾約60g中の カロリーを国の基準で評価した場合、5.31%含有し、106.2kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1尾約60g中の 成分は、ビタミンB12(300%:7.2μg)、次はカルシウム(44.31%:288mg)、そして、ナイアシン(44%:5.28mg)、リン(34.5%:276mg)、蛋白質(31.92%:15.96g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆9%
更に分析 >>

アユ


アユは、香魚(コウギョ)や年魚(ネンギョ)とも呼ばれる鮎属の魚を言います。淡水魚であり、河川や海を回遊するタイプの魚です。本種はサケやマスに類似する日本特有の魚です。体は細長くなっており、側扁し、全長はおよそ三十センチほどとなります。成魚においては、上あごの先っぽに突起が見られ、下あごの先には一対の疣状の突起が認められます。また、胸鰭の側線上の上側に黄色っぽい斑紋が見られます。若魚は全体として灰銀色を呈し、胸鰭の後ろに黄色っぽい班が一つ見られます。また、背びれは黒っぽくなっています。
アユ・天然・焼き