鮎/アユ(天然・内臓・生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

鮎/アユ・天然・内臓・生

「 鮎/アユ・天然・内臓・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、10.3%含有し、206kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(2512.5%:60.3μg)、次はビタミンA(242.86%:1700μg)、そして、(228.57%:24mg)、n-3系脂肪酸(158.75%:2.54g)、葉酸(91.67%:220μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

アユ


アユは、鮎属に分類される全長三十センチほどの魚を言います。秋に孵化した幼魚は海に昔、冬を過ごします。その際、動物プランクトンなどを餌にします。川を上り出す頃には食性が著しく変化し、藍藻や珪藻などを餌とします。また、琵琶湖などに生息する鮎は淡水で生涯を過ごし、海には下りません。一般に、九月ごろから川を下り、川底への産卵を十月頃に行います。産卵を終えたものは落ち鮎と呼ばれ、亡くなると言う経過を踏みます。初夏から旬の魚であり、特に天然ものが市場へ出回るのは限られたこの時期となります。