イワシの水煮(真鰯)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

イワシの水煮/ま鰯の水煮

「イワシの水煮/ ま鰯の水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8.9%含有し、178kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(737.5%:17.7μg)、次はビタミンD(240%:13.2μg)、そして、n-3系脂肪酸(126.25%:2.02g)、ナイアシン(87.5%:10.5mg)、蛋白質(44.8%:22.4g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

イワシの水煮


真鰯(マイワシ)は、ニシン科に属する魚の一種です。円筒状で長い体を形成し、側扁した腹部を持ちます。体側には、複数の青黒色斑点を呈し、これが一列もしくは二列に並びます。東アジア沿岸域に見られる魚であり、幼魚は浅海に生息します。成長すると近海の沖合を回遊します。他のカタクチ鰯やウルメ鰯との違いは、体側の黒点列の存在などで区別できます。日本では大衆魚として親しまれていますが、飼料や肥料への利用が多くなっています。水煮(みずに)は、魚などを水や塩水で煮たものを言います。原料には魚のほか、野菜類や卵なども使われ、缶詰やパック詰めなどにされて流通しています。
まイワシの水煮