鰯/イワシ(真鰯・焼き)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ま鰯/イワシ・焼き

「 ま鰯/イワシ・焼き」に関して1尾可食部、約90g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8.82%含有し、176.4kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1尾可食部、約90g中の 成分は、ビタミンB12(843.75%:20.25μg)、次はビタミンD(235.64%:12.96μg)、そして、n-3系脂肪酸(125.44%:2.007g)、ナイアシン(103.5%:12.42mg)、蛋白質(45.54%:22.77g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

イワシ


真鰯(マイワシ)は、ニシン科に分類される魚で、体側に青黒い斑点が七個ほど、これが一列もしくは二列に並びます。刺身や焼き魚として塩焼きにされるほか、煮つけや干し物、しらす干し、ちりめんじゃこ、かんづめ、たたき、ちくわ、かまぼこ、つみれ、酢の物など加工食品にも多用されます。しかし、水揚げするとすぐに痛む傾向にあり、臭みも出てきます。そのため、新鮮さが求められる刺身などに用いることができる流通量は限定されてしまいます。栄養価は二十世紀の終わりごろから再評価されており、特にドコサヘキサエン酸などの成分に注目されています。尚、塩焼きは焼き魚の一つの形態であり、姿焼きや照り焼き、かば焼き、魚田、塩釜焼きなども焼き魚に含まれます。