イワシのフライ(真鰯)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

イワシのフライ/ま鰯のフライ

「イワシのフライ/ ま鰯のフライ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、19.8%含有し、396kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(595.83%:14.3μg)、次はビタミンD(387.27%:21.3μg)、そして、n-3系脂肪酸(245.63%:3.93g)、ビタミンE(95%:5.7mg)、ナイアシン(85%:10.2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

イワシのフライ


真鰯(マイワシ)は、ニシン科マ鰯属に分類される魚を言います。ナナツボシとも呼ばれ、青黒色の斑点が体側に七個ほど一列か二列に並んでいます。固体によってはハッキリしない三列目を呈するものや斑点そのものが見られないものも存在します。幼魚のうちは浅海に生息しますが、成長すると沖合を回遊します。また、成長に伴って呼び名が変化する出世魚でもあります。尚、フライは食材に卵白やパン粉をつけて、食用油で揚げた料理を言います。魚介類の他、野菜なども使われます。これに対し、牛肉や豚肉、鶏肉などを揚げたものは一般にカツと呼ばれています。調理法が同じでも食材によって呼び名が異なり、肉料理でもエッグフライと呼ばれています。
イワシのフライ/ま