イワシのみりん干し(真鰯)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

イワシのみりん干し/ま鰯のみりん干し

「イワシのみりん干し/ ま鰯のみりん干し」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、16.6%含有し、332kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンD(963.64%:53μg)、次はビタミンB12(570.83%:13.7μg)、そして、n-3系脂肪酸(208.75%:3.34g)、ナイアシン(117.5%:14.1mg)、蛋白質(62.8%:31.4g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

イワシのみりん干し


真鰯(マイワシ)は、ニシン科に分類される魚の一種を言います。東北では、七つ星(ななつぼし)、高知県や瀬戸内海などではヒラゴ、仙台ではヒラ鰯といった地方名で呼称されることもあります。また、小羽(コバ)は全長十センチほど、中羽(チュウバ)は、十二センチほど、大羽(オオバ)は、二十センチほどの大きさを持つものを言います。味醂干しは鰯などを原料とする魚の干物の一種を言います。魚を開いて、味醂や砂糖、醤油などを混ぜた汁に漬け込んで乾燥させて仕上げます。発祥は大正時代の九州方面と言われており、現在ではアジやキス、カマス、サバなどの魚も原料として使われています。
まイワシのみりん干し