イワシの水煮缶詰


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

イワシの水煮缶詰/イワシの水煮缶詰

「イワシの水煮缶詰/ 鰯の水煮缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.4%含有し、188kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(654.17%:15.7μg)、次はn-3系脂肪酸(182.5%:2.92g)、そして、ビタミンD(109.09%:6μg)、ナイアシン(103.33%:12.4mg)、カルシウム(49.23%:320mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆4%
更に分析 >>

イワシの水煮缶詰


鰯は、ニシン目の複数種からなる魚を総称しますが、単に鰯と言えばマ鰯を指すことが多いようです。漁獲量は時期によって大きな変動があり、食用とされる他、飼料としても重要な魚とされています。鰯は鮮度低下が著しく早く、脂質も酸化されやすくなっています。このため、鮮度が高いうちに加工されたり、冷凍保存したりします。加工品としてはカタクチ鰯を原料とすることが多いようです。また、缶詰にする場合、水煮や味付け、トマト漬けなど幾つか種類があります。水煮の場合、食塩だけを用いて調味されます。
イワシの水煮缶詰/