イワシのかば焼(缶詰)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

イワシのかば焼/イワシのかば焼・缶詰

「イワシのかば焼/ 鰯のかば焼・缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、12.1%含有し、242kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(500%:12μg)、次はビタミンD(309.09%:17μg)、そして、n-3系脂肪酸(264.38%:4.23g)、ナイアシン(74.17%:8.9mg)、リン(36.25%:290mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

イワシのかば焼


鰯は、ニシン目に属する魚の総称を言います。海水魚であり、群れて移動します。日本ではマ鰯、ウルメ鰯、カタクチ鰯を指すことが多く、食用だけでなく飼料や肥料としても重要な役割を持っています。蒲焼は、魚の中骨を除去して串を通し、素焼きにし、これに醤油や味醂、砂糖、酒などを加えて作ったタレをつけて焼いたものを言います。一般には、ウナギの蒲焼がよく知られていますが、缶詰ではサンマや鰯を用いたものも出回っています。江戸に伝わる伝統的な郷土料理であり、照り焼きの一種でもあります。
イワシのかば焼/