カツオの角煮


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

カツオの角煮/カツオの角煮

「カツオの角煮/ 鰹の角煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、11.2%含有し、224kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(185%:22.2mg)、次はビタミンB12(166.67%:4μg)、そして、ビタミンD(90.91%:5μg)、蛋白質(62%:31g)、(57.14%:6mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆16%
更に分析 >>

カツオの角煮


角煮(かくに)は、素材を一口大に切って、味付けしたものを言います。香味野菜などが添えられることもあり、柔らかく煮て仕上げます。調理する人によって味付けや用いられる素材も様々になっています。一般に、豚のばら肉を用いた角煮が広く知られていますが、マグロや鰹、牛肉を用いたものも見られます。鰹そのものは日本では古くから親しまれている赤身魚の一つです。筋肉質であることからタンパク質が多くなっており、旨味にも富みます。中でもイノシン酸の含有量が高くなっており、その特性を活かして鰹節などに利用されています。
カツオの角煮/