カツオフレーク(缶詰・油漬)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

缶詰・油漬・カツオフレーク

「 缶詰・油漬・カツオフレーク」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、14.65%含有し、293kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(155%:18.6mg)、次はn-6系脂肪酸(143%:11.44g)、そして、n-3系脂肪酸(124.38%:1.99g)、ビタミンB12(116.67%:2.8μg)、ビタミンD(72.73%:4μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆18%
更に分析 >>

鰹フレーク


鰹は、サバ科に分類される魚の一種を言います。回遊性の赤身魚であり、海洋を高速で遊泳します。そのため、身は筋肉質であり、タンパク質に富みます。また、イノシン酸の含有量が多いことから、濃厚な味が特徴です。しかし血合肉ではトリメチルアミンが発生し、鮮度低下によって著しく生臭さが強くなります。そのため、生食するケースでは血合肉を取り除き、たたきでは、軽く表面を加熱し、味付けして食されます。缶詰としては水煮や油漬けへの利用もありますが、フレークの缶詰も見られます。ただし、缶詰のオレンジミートなど劣化現象も知られています。この現象は、ブライン凍結した鰹を原料とした缶詰に見られる黄褐変肉を言います。
缶詰・油漬・鰹フレーク
別名:ツナ缶液汁を含んだもの