鯉/コイ(養殖・水煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

鯉/コイ・養殖・水煮

「 鯉/コイ・養殖・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、10.4%含有し、208kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(312.5%:7.5μg)、次はビタミンD(223.64%:12.3μg)、そして、n-3系脂肪酸(64.38%:1.03g)、ナイアシン(52.5%:6.3mg)、蛋白質(38.4%:19.2g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆9%
更に分析 >>


コイは、鯉科に属する魚を言います。全長およそ六十センチほどの淡水魚で、細長い体は体高が高く、側扁します。口辺には、ヒゲが二対見られます。中央アジアを原産地とし、日本では鮎と並ぶ淡水魚として知られており、儀式魚としての役割もあります。錦鯉やヒゴイは観賞目的で飼育されますが、食用には不適です。養殖は江戸時代から行われていたようで、当時から食用として利用されていたようです。含有されるタンパク質と脂肪分が多いことから、鮮度低下にともなって臭気が出てきます。また、淡水魚に見られる魚臭も加わって、より匂いがきつくなる傾向にあります。
コイ・養殖・水煮