鯉/コイ(養殖・内臓・生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

鯉/コイ・養殖・内臓・生

「 鯉/コイ・養殖・内臓・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、14.35%含有し、287kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(666.67%:16μg)、次はビタミンD(163.64%:9μg)、そして、n-3系脂肪酸(148.13%:2.37g)、亜鉛(87.5%:7mg)、ビタミンA(71.43%:500μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>


コイは、鯉科に属する魚を言います。フナによく似た外観を有しますが、相対的に頭や目が小さくなっています。全長はおよそ六十センチほどで、中には一メートルに達するものも見られます。口元には対になる二本のヒゲが生えています。そして、のどに咽頭歯を持つため、この歯で固いものを砕いて飲み込みます。そのため、口には歯がありません。また、胃は存在せず、口に入るものはほとんど食べるようです。尚、養殖ものの特性として、動きが遅く体高が高くなっています。反対に天然ものは動きが素早く、体高が低くなっています。
コイ・養殖・内臓・生