カラフトマス(塩ます)[樺太鱒]


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

カラフトマス・塩ます

「 カラフトマス・塩ます」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8%含有し、160kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンD(363.64%:20μg)、次はn-3系脂肪酸(95%:1.52g)、そして、ナイアシン(88.33%:10.6mg)、ビタミンB12(87.5%:2.1μg)、ナトリウム(83.45%:2300mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆14%
更に分析 >>

カラフトマス


樺太鱒は、サケ科に属する魚を指し、北海道などではセッパリマスやラクダマスと呼ばれることもあります。側線鱗はサケやマスの中では非常に多くなっており、繁殖期には雄の脊椎が極端に突出する性質があります。これが北海道などで呼ばれる地方名の由来です。同じサケ科の中でも脂肪分が多くなっており、身は桜色です。全長は五十センチほどで、サケ属の中では小型になります。産卵期には誕生した川に遡りますが、この習性は弱いようで迷った挙句に生まれた川とは異なる川を遡ることも多いと言います。だいたい七月ころから遡上、九月前後に産卵し、その後は寿命を終えます。
カラフトマス・塩ます
別名:あおます廃棄部位:頭部、骨、ひれ等