塩鮭


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

塩鮭/しろ鮭/サケ・塩ざけ

「塩鮭/ しろ鮭/サケ・塩ざけ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.95%含有し、199kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンD(418.18%:23μg)、次はビタミンB12(287.5%:6.9μg)、そして、セレン(172%:43μg)、n-3系脂肪酸(151.25%:2.42g)、ナイアシン(95.83%:11.5mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆6%
更に分析 >>

塩鮭


サケは、鮭科の魚を言います。鮭といえば多くはシロザケを意味することがほとんどです。また生鮮市場ではアキアジなどと呼ばれることもあります。サケとの呼称は、酒の肴になることや、身色の赤さが酒に酔った感じに見える、身が裂けやすいなどに因むといった諸説が知られています。塩サケは弁当のおかずなどで焼いたものがよく用いられており、おにぎりの具としても広く利用されています。特に日本では朝食で出される典型的な料理の一つとなっています。また、新巻より多く塩を用いたものが、塩サケとされますが、新巻を塩サケ、新巻より塩分量の多いものを堅塩(かたしお)と呼ぶこともあります。
塩鮭/しろサケ・塩ざけ
別名:サケ(標準和名)、あきサケ、あきあじ切り身(魚体全体から調理する場合、廃棄率:20 %、廃棄部位:頭部、骨、ひれ等)