虹鱒/ニジマス(淡水養殖・皮つき・生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

虹鱒/ニジマス・淡水養殖・皮つき・生

「 虹鱒/ニジマス・淡水養殖・皮つき・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、6.35%含有し、127kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(250%:6μg)、次はビタミンD(218.18%:12μg)、そして、ナイアシン(60.83%:7.3mg)、n-3系脂肪酸(53.13%:0.85g)、パントテン酸(40.75%:1.63mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

ニジマス


ニジマスは、サケ科の魚の一種を言います。釣りの対象としても広く知られる魚で、体長四十センチほどになります。全体として黒っぽい斑点が散在しており、体側には、赤っぽい縦帯の模様が見られ、色彩上の特徴にもなっています。繁殖時期は水温で変化する傾向にあり、低水温では春から初夏、やや高水温では秋から冬にかけて繁殖行動に移ります。また、シロザケのように一度だけ産卵して寿命を終えることはなく、何年にも渡って繰り返されます。更に養殖ものでは年に二回ほど産卵を行うものも見られます。
ニジマス・淡水養殖・皮つき・生