サバの水煮(真鯖)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

サバの水煮/まサバ・水煮

「サバの水煮/ まサバ・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、15.45%含有し、309kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(791.67%:19μg)、次はセレン(264%:66μg)、そして、n-3系脂肪酸(190%:3.04g)、ナイアシン(126.67%:15.2mg)、ビタミンD(78.18%:4.3μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

鯖の水煮


鯖は、鯖科に分類される魚の総称を言います。全長はおよそ五十センチほどで、体色は青灰色、腹部は銀白色を呈します。日本近海では、ゴマ、グルクマ、ニジョウ、マ鯖、などが分布しています。体は若干平たくなっており、紡錘形になっています。水温は十五度前後の綺麗な水域に生息し、その領域を広く回遊します。日本で水揚げされるこの魚は秋が旬となっており、秋鯖とも言われます。サバはアジやマグロと同じく、消費量の多い魚で、ドコサヘキサエン酸などの脂肪酸も多く含みます。料理としては、焼き魚や寿司、しめサバ、サバ味噌などにして食べられています。尚、水煮はサバなどの食材を水や塩水で煮たものを言います。
サバの水煮/まサバ・水煮
別名:サバ切り身