しめサバ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

しめサバ/しめ鯖/サバ

「しめサバ/ しめ鯖/サバ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、16.95%含有し、339kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(475%:11.4μg)、次はn-3系脂肪酸(376.88%:6.03g)、そして、ヨウ素(330.77%:430μg)、セレン(292%:73μg)、ビタミンD(145.45%:8μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

しめサバ


締め鯖(しめサバ)は、塩と酢で絞めた食品を言います。原料には新鮮な鯖が用いられ、塩蔵の鯖からも作られています。まず鮮魚を三枚におろして腹骨を取り除きます。そこへ塩をふりかけて数時間放置します。その後、水気を切って酢に浸し、更に絞めます。出来上がったものはバッテラに用いられたり、散らし寿司や握りずしの種に使われます。しめ鯖は一般に関東での呼称で、関西ではきずしと呼ばれます。しかし、西日本で言うきずしは酢に深く浸け、食べる際には特に調味しません。これに対し関東のしめ鯖は浸けが浅い一方で、食べる時にはワサビ醤油などを使います。
しめサバ