サバの水煮缶詰


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

サバの水煮缶詰/サバの水煮缶詰

「サバの水煮缶詰/ 鯖の水煮缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.5%含有し、190kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(500%:12μg)、次はビタミンD(200%:11μg)、そして、n-3系脂肪酸(170.63%:2.73g)、ナイアシン(100%:12mg)、ビタミンE(53.33%:3.2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆6%
更に分析 >>

サバの水煮缶詰


鯖は、鯖科の魚の総称です。魚の中では消費量が多くなっており、焼き魚やなれ鮨などに利用される他、煮鯖として缶詰に加工されたりします。栄養面では不飽和脂肪酸などが多く含まれていますが、ヒスチジンも含有されるため、ヒスタミンを発生しやすい傾向にあります。ヒスタミンはアレルギーなどを引き起こす原因となるもので、鯖を食べることで蕁麻疹を招く可能性もあります。尚、水煮は鯖などの食材を水や塩水で煮たものを言います。原料には魚などの他、野菜類や卵なども使われ、缶詰だけでなく、レトルトパックなどとしても大量に出回っています。